防犯カメラは、映像を録画するだけだと思っていませんか?

近年、防犯カメラの技術は進み、高画質、長期間録画はもちろん、スマートフォンで映像を見る事も当たり前になりました。

今回は、さらに高性能な録画機器が登場です。

顔認識が出来る防犯カメラシステムです。

dhi-nvr5216-16p-i-4tb-1_1_c8f3ecd5-e6f8-4719-948a-aa1ab887583e_3632x.png

以前も顔認識はありましたが、今まではカメラやソフトで顔を認識していましたが、今回の機器は録画機器が顔を認識してくれます。

何がすごいかと言うと、録画機器につながっている全てのカメラで顔を認識する事が出来ます。

現在使用中のカメラでも、カメラで認識をせずに録画機器が接続されている画像で認識する為、録画機器に接続されている全てのカメラが顔認識可能になります。

zyutaku_img_06.jpg
【顔認識でこんな事が出来ます】

顔を認識するとパトライト点灯したり、アナウンスを流したり、アラームなどで威嚇もできます。

スマートフォンへプッシュ通知が送れる為、万引き常習犯など警戒をしないといけない人物が来ると、お店のオーナー様や従業員などのスマートフォンに映像つきで通知を送れます。

録画機器に様々な機器を接続できる為、マンションのオートロックを解錠したり、介護施設などでは徘徊者を認識すると、アラームやスマートフォンへの通知、画面の切り替えなどでお知らせを行う事も可能です。

さらにすごい所は、手元に人物の元画像が無くても大丈夫です。

録画機器に記録されている画像がから登録が出来る為、写真の入手が困難な人物でも登録する事が出来ます。

録画された映像の顔を認識して、人物を探し出すことも出来ます。


映像を残す事だけではなく、一歩進んだ防犯、セキュリティーをお求めの方は、お気軽にご相談ください。