西宮市にて、集合事務所の一室の電気容量を増設です。

一つの建物に複数の会社様が入居されている建物で、各部屋内の電気容量が小さく、入居される一部屋のみ電気容量を増設しました。

2020.1 (2).jpg

関西電力は、1つの部屋に引き込みをしてくれない為、建物全体の引込部まで配線を出迎える必要があります。

建物の引込部まで出迎えを行うと、配線距離が長くなり、配線ルートの確保も難しくなります。

建物を横断して配線を敷設する必要があるため、今回は、建物の屋上に配線工事を行いました。

2020.1 (4).jpg

屋上を横断している配線は見えませんが、屋上から部屋の中への配線は外壁部を敷設する為、見えてしまいます。

2020.1 (11).jpg

共用部の廊下に配管を施工しています。

2020.1 (12).JPG

電気メーターに接続

2020.1 (1).jpg

電気メーターから室内の分電盤まで配線を行い、新しい分電盤を取り付けて完成です。

2020.1 (8).JPG

関西電力に申請手続きを行い、後日、関西電力にて電柱からの送電線に接続をしてもらいます。