三木市にて、新規での引込工事が完了です。

何もない敷地内にユニットハウスを設置し、電気を送電します。

ユニットハウスと電柱の位置関係によりますが、今回は、引込配線の下を車が往来する為、ユニットハウスに直接送電すると高さが足りなく、ポールを建柱して送電です。

20200118_104026.jpg

まずは、1m程度丸く穴を掘ります。

20200118_141238.jpg

ポールを建て、コンクリートを流し込みます。

土部とポールが接触していると、腐植が早い為、コンクリートの根巻を土部より高くしています。

20200118_141337.jpg

ポールに電気メーターボックスと、ブレーカーを取り付けて建柱作業は完成です。

20200118_141055.jpg

ポールに取り付けたブレーカーから、ユニットハウス内の分電盤に配線を接続して完成です。

工事が完了すれば、関西電力に申請手続きを行い、送電が完了します。