神戸市西区にて、住居と店舗が一体となった電気配線を店舗用と住居用に分ける工事です。

現在、一つの電気メーターで検針をしています。
分電盤は、それぞれに設置している為、容易に分割が可能となりました。

DSCN8124.JPG

集合住宅の為、電気メーターは、パイプスペース内に設置されていますが、スペースに余裕がなく、新しい電気メーターは、パイプスペースの外に取付です。

DSCN8127.JPG

電気メーターから分電盤まで、配線を敷設します。

点検口がなく、天井裏を見る事が出来なかった為、天井を開講し、点検口を作成しました。

DSCN8134.JPG

パイプスペース内に配線を取り込む必要がありましたが、貫通作業が出来ない為、隙間から配線を取り込んでいます。

分割作業は、容易にできる場合と高額な費用が必要になる場合があります。
関西電力の規定に条件もある為、施工的に問題が無くても実施できない場合もあります。
引込工事の事なら、神戸電気サービスにお任せください。