防犯カメラ【一般住宅】

防犯カメラ取り付け/住宅
防犯カメラ取り付け/住宅
以前は特定の場所でしか使用されていなかった防犯カメラですが、近年では家庭はもちろんのこと、会社、マンション、病院、学校などさまざまな場所での需要が高くなりました。

窃盗や強盗といった犯罪だけでなく、ストーカーや幼児連れ去りといった凶悪な犯罪も多発する現代だからこそ、大切な家族や財産を守るためにも、効果的に防犯カメラを使用したいものです。

防犯カメラの設置は、単なる防犯効果だけではなく、「不安」を軽減し安心感を得られる効果もあります。

ここでは、住宅の各所において防犯カメラの効果を最大限発揮するための設置場所をお教えします。
・本格防犯カメラの取付例です。レコーダーは防犯カメラ用で4台まで接続が可能。
・最大66日間程度録画が可能です。
・24時間連続録画でOK。面倒な操作は不要です。
・お手軽な防犯カメラ取付工事プランです。
・録画は家庭用DVD/ビデオレコーダーで録画します。
・レコーダー1台に対してカメラ1台使用し、操作が少し面倒になります。また、録画時間に限りがあります。
防犯カメラ取り付け/玄関・駐車場
玄関/防犯カメラ取り付け
駐車場・防犯カメラ工事
最近の空き巣は堂々としていることが多く、正面玄関から侵入する例が非常に多くなっています。

空き巣が犯行に要する時間は5~10分程度。ゴミ出し程度の外出でも安心はできません。

玄関を含め、住居の前面が見通せる位置に防犯カメラを設置することで、こうした危険の回避に大きく繋がります。
2階へ上がるための侵入経路としても使用されやすい車庫。

近年では、侵入経路としてだけでなく、車上荒らしなどの車を対象とした犯罪も増加してきています。

駐車場全体が見える位置に防犯カメラを設置してください。
防犯カメラ取り付け/勝手口
勝手口・防犯カメラ工事
ゴミ出しや、近所のコンビニに行くだけだからと、開けっ放しにしてしまう人も多い勝手口。

侵入者は、そのような油断を狙ってくるのです。

外出時にしっかり施錠するのはもちろんのこと、勝手口が見渡せる位置に防犯カメラを設置することで、留守を狙われてしまう危険を回避できます。