防犯カメラ【事務所・会社・店舗】

防犯カメラ取り付け/施工例
防犯カメラ。
多様化する犯罪への対処や個人情報の保護などの理由から、現代において、企業や店舗が万全の防犯対策を取ることは当たり前になってきています。

夜間になると無人になってしまうオフィスなどは、どれだけセキュリティーを強化しても不安を感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

ビジネス街になると、夜になって社員が帰宅してしまえば、町全体は無人に近い状態です。 もし夜間に被害に合ったとしても、翌日の朝に社員が出社してくるまでは、被害は発覚しません。 セキュリティーの不備による被害は、未然に防ぐようにしたいものです。
店舗・防犯カメラ取り付け
・店内四隅にを防犯カメラを取り付け、万引きや従業員の様子などを監視します。
・事務所に防犯カメラを取り付け、常に店内の様子を確認できます。
・外観を損なわないために、ドーム型の防犯カメラを取り付けします。
会社・防犯カメラ取り付け
・建物周囲に防犯カメラを取り付け、不審者・侵入者の様子を監視します。
・金庫前などに防犯カメラを取り付け、重要物の様子を監視します。
・人の出入りの多い正門に防犯カメラを取り付け、来客者の管理をします。
・夜間はセンサーライトを併用し威嚇します。
店内・監視カメラ
店内・監視カメラ
人の出入りが多い売り場では、万引きばどの被害が多く、一番、気を使わないといけません。

売場では死角が多く、なるべく多く防犯カメラを取り付けないといけません。

ドーム型カメラを使用すれば、店内の外観を損ないません。
レジ前/防犯カメラ
防犯カメラ/レジ前
近年、増加する犯罪から、守らなければいけません。

防犯カメラの映像があると、検挙率も大きく上がります。

外部の犯罪からも守らなければいけませんが、従業員の犯罪も多いので、常に監視が必要です。

レジ前は一番警戒心をアピールしたい場所なので、標準カメラを使用し、見せる防犯も効果的です。
バックヤード/防犯カメラ取り付け
バックヤード/防犯カメラ取り付け
意外と、警戒心が手薄になりがちなのがバックヤード。

不審者が侵入しても気がつかなく、商品を持ち去られる被害が多い場所です。

在庫品など商品が多く置かれているので、商品管理や従業員の監視などのために、
防犯カメラの取り付けをおすすめします。
建物の周囲/防犯カメラ
建物の周囲/防犯カメラ
一般家庭と違い、夜間は無人になり、隣接する建物から離れて建っている事  が多く、侵入しやすい環境になっています。

夜間はセンサーライトなどを併用し、侵入者を威嚇します。

防犯カメラは、極力威嚇性のある種類を取り付けることをおすすめします。
防犯カメラ/事務所
事務所/防犯カメラ
重要物を保管している事が多く、内外からの被害の可能性がありま。

ドーム型カメラを使用すれば、外観を損なわなず取り付けできます。
駐車場/防犯カメラ
防犯カメラ/駐車場
来客者などの人の多い駐車場では、駐車場全体を見えるように、取り付けします。

建物内の侵入に続き、車への被害も多く、防犯・監視が必要です。

外部には、威嚇性のある見せる防犯が効果的です。