エアコン工事 一覧

芦屋市 「エアコン設置工事」

  • 更新日:
  • エアコン工事
マンションのエアコン工事に伺いました。

ベランダから離れたお部屋にエアコンを設置いたします。
通常であればエアコンの配管は、室内機の背面にスリーブ(貫通穴)がありますが、
こちらのお家は、冷媒配管を天井裏を通じてベランダまで通します。


IMG_3048.JPG

天井の点検口を開けます。

IMG_3470 (2).JPG

廊下の点検口も開けます。
レーの塩ビパイプが冷媒配管を通すために最寄りのお部屋まで敷設されています。

IMG_3471 (2).JPG

2人掛かりで配管を通します。
配管が折れ曲がらないよう注意しながら送り出したり、引っ張ったりして通します。


IMG_3477 (2).JPG

排水ホースは、部屋内の排水設備に連結させます。

IMG_3476 (2).JPG

特殊な取付け方が必要な場合、お断りする業者様もいらっしゃるようです。

よろしければ、現地拝見し、どのように設置できるかご提案させていただきます。

加古川市 エアコン移設工事

  • 更新日:
  • エアコン工事
本日は、エアコンの移設工事です。
新築の住宅を建築され、家が完成しましたので、現在住んでいる場所から、新しい家にエアコンを移設です。
20170428_175104.jpg

和室のエアコンです。

エアコンの背面に穴をあけ、配管を出しています。
室内側には、配管は全く見えません。

20170428_175056.jpg

こちらはリビングのエアコンです。
同じように背面に穴をあけていますので、配管が見えません。

室内機が右に寄っていますが、これは、建物の柱と柱をつないでいる筋交いがいる為、この位置での設置となりました。
エアコンの左右どちらでも穴をあけることが出来ますが、左側は柱がある為、穴をあけることが出来ません。
何とかギリギリで設置が出来ました。

20170428_174902.jpg

室外機です。

20170428_174909.jpg

配管は、カバーで保護をしています。
外壁が黒色でしたので、カバーも黒を使用しています。


神戸市北区 エアコン設置(2階に室内機・1階に室外機)

  • 更新日:
  • エアコン工事
神戸市北区にてエアコン設置工事です。
20170427_143412.jpg

室内機です。
窓の真ん中付近にエアコンを設置すると見栄えが良いですが、今回のエアコンは右側に寄せています。
理由は、窓の背面部にシャッターがいる為、穴をあけることが出来ず、室内に配管が露出しないように右に寄せて設置しています。

20170427_143332.jpg

外部は、化粧カバーを取り付けています。

穴をあけた、そのまま真下には、給湯器がいるため、一度大きく横に迂回しています。

20170427_143304.jpg

室外機です。


神戸市中央区 エアコン工事(室内外化粧カバー取付)

  • 更新日:
  • エアコン工事
神戸市中央区にてエアコン工事が完了しました。
新築マンションで、まだ未入居のお部屋に取付です。
標準工事では、配管の仕上げ方法は、テープを巻いての仕上げとなります。
壁紙が真っ白な新築の場合、テープ巻き仕上げだと、どうしても配管が目立ってしまいます。
そんな時は、配管カバーをする事で、きれいなスッキリとした仕上がりになります。

P1080200.JPG

こちらが、室内カバーを取り付けたエアコンです。

P1080203.JPG

真っ白なカバーで、スッキリした仕上がりです。

P1080205.JPG

屋外も配管カバーを取り付けています。
色はアイボリーやブラウン、ブラックなど外壁に合わせた色を選定できます。

P1080211.JPG

P1080209.JPG

P1080213.JPG

P1080217.JPG

マンションの場合、配管穴がエアコン本体より離れている為、室内を配管が露出する距離が多くなります。
室内の配管が気になる方は、化粧カバーがお勧めです。

P1080221.JPG

化粧カバーを取り付けると、きれいな仕上がりになります。




神戸市西区【業務用エアコン取替工事】

  • 更新日:
  • エアコン工事
業務用エアコンの取替工事です。
20160628_090940.jpg

20160628_090952.jpg

古いエアコン機器です。
天カセ4方向エアコンです。
1台の室外機で2台の室内機が接続されています。

20160628_105803.jpg

室内機撤去後。

20160628_175112.jpg

室内機の設置後。
配管は今まで使用していた配管を再利用しています。

20160628_090912.jpg

室外機です。
一番手前の大きな機械を入替します。

20160628_174746.jpg

新しい室外機です。
機械の容量は同じですが、室外機の大きさは小さくなっています。



神戸市兵庫区 エアコン標準取付工事

  • 更新日:
  • エアコン工事
神戸市兵庫区にてエアコン工事が完了です。
今年の夏はとても暑く、エアコンのお問い合わせも多く頂いています。
本日は、室内機と室外機をつなぐ配管が、室内を通る設置例です。
配管穴が壁の下の方にあり、配管を外に出すために室内に配管を横断させる必要があります。
20130711_173034.jpg

室内に配管を通す場合、結露が発生し、配管部に水滴が発生する場合がありますので、断熱処理を行う必要があります。
20130711_173042.jpg

室外機は、ベランダ床設置です。
配管の長さも4m以内で、標準取付工事範囲内でした。


姫路市 業務用エアコン取替工事

  • 更新日:
  • エアコン工事
姫路市にて業務用エアコンの取替工事です。
20160709_092610.jpg

天井に埋め込みで取り付けれらている業務用4方向エアコンです。
IMG_20160709_172412.jpg

取替後のエアコン。
IMG_20160709_172908.jpg

室外機の設置が完了。
IMG_20160709_172708.jpg

合計2台の天カセエアコンの取替をしました。
20160709_135314.jpg

こちらが撤去したエアコン機器です。
20160709_135258.jpg

搬入通路が狭く、人の力だけでは運搬が困難な為、クレーンで室外機を釣り上げて搬入します。
搬入に苦戦しましたが、何とか無事に設置が完了しました。

神戸市兵庫区 エアコン工事

  • 更新日:
  • エアコン工事
エアコン工事を神戸市兵庫区にて完了です。
P1070951.JPG

こちらは工事前の古いエアコンです。
このエアコンを取り外し、新しいエアコンを取付ます。
P1070958.JPG

取替後です。
同じように配管はテープ巻き仕上げの標準取付工事です。
P1070956.JPG

配管カバーは、古いものを再利用しているので、費用は無料です。
P1070969.JPG

先ほど取り外しをしたエアコンを移設です。
会社の事務所内に設置してあるエアコンと取替です。
P1070967.JPG

室外機は壁面吊り取付です。

明石市 エアコン設置工事

  • 更新日:
  • エアコン工事
明石市にてエアコン工事が完了しました。
エアコン3台の取付工事です。
1台のエアコンは、標準工事でバルコニーに室外機を設置すると、邪魔になる為、配管を延長し、バルコニーの隅に設置しました。
P1070825.JPG

こちらが室外機です。
配管延長3mの追加工事です。
P1070824.JPG

バルコニーの窓の上を横断しています。
P1070817.JPG

室内機の様子。
P1070812.JPG

室内機を設置する両サイドに換気用のフードがあった為、取付位置が替えれず室内の配管が長くなってしまいました。
ちょうど配管が曲がる位置に配管同士のつなぎ目がある為、大きなアールを描いています。
室内機をもう少し右側に設置出来れば、もう少し見栄えが綺麗に出来ましたが、設置位置が固定の為、断念です。
配管の長さは4m以内なので標準工事です。
P1070814.JPG

室外機の様子。
P1070819.JPG

最後の1台です。
P1070822.JPG

室外機の様子。
こちらはなの問題もなく、標準工事です。

明石市 【マンション】エアコン工事

  • 更新日:
  • エアコン工事
明石市にてエアコン工事です。
2台移設・2台新設の合計4台取付です。
新築のマンションで美観重視での工事例です。
標準エアコン工事の場合、室内機と室外機を繋ぐ配管はテープを巻いて仕上げを行います。
新築など美観を重視する場合、テープ巻きではなくプラスチックの配管カバーを使用する事で、綺麗な仕上がりになります。
室内は室内用のネジの見えない白いカバーを使い、屋外は外壁に合った色の屋外用のカバーを使用します。
今回のエアコン工事は、室内外全てカバーを使用しています。
20160121_091335.jpg

こちらは移設エアコンです。
20160121_091411.jpg

こちらも移設エアコンです。
エアコンも新しい機種でしたら移設を行い再利用することが可能です。
配管カバーも同様で、エアコンを入れ替える度にカバーをやりかえる必要はなく、破損や古くなって汚れたりするまでは次のエアコン設置の時も、そのまま再利用可能です。
20160121_091347.jpg

こちらは新規での設置です。

もう一台、リビングエアコンがありますが、残念ながら写真を撮り忘れてしまいました。
リビングのエアコンは、家庭用エアコンで一番大きな機種を設置しました。
エアコンの容量が大きくなると、配管が太くなり、少し施工が大変になります。

20160121_091550.jpg

最後に室外機です。
エアコンの配管穴の下に換気のフードがある為、カバーを曲げて取り付けています。
最近のマンションでは最も多い取付パターンです。
20160121_091522.jpg

その他の室外機も同様に、カバーを曲げて取付ています。
20160121_091530.jpg

なんとか4台設置が完了しました。

このページの上部へ