電気工事 一覧

姫路市 カーディーラー電気自動車用コンセント

  • 更新日:
  • 電気工事
姫路市にて、車の充電用コンセントの設置工事です。
お客様が利用できるコンセントと整備用のコンセントの合計2箇所の設置です。

DSCN3663.JPG

DSCN3668.JPG

屋内外それぞれに1箇所設置しました。

DSCN3675.JPG

配線距離が長く、予算の都合上と配管が建物の裏を通るので、塩ビ配管にて施工です。

DSCN3681.JPG

配線を分電盤に接続をして完了です。

電気自動車 200Vコンセント工事

  • 更新日:
  • 電気工事
最近、街中でよく見るようになりました電気自動車やハイブリッドカーですが、
ご自宅でも充電できるようにコンセントを設置する工事のご依頼も増えてきております。



パナソニックから屋外用のコンセントがあります。今回はそちらを取り付ける工事を行いました。

DSCN0547.JPG

DSCN0548.JPG

コンセントの外観です。を開くとこうなります。

DSCN0549.JPG

車の付属ケーブルをしたから差し込む構造になっています。

DSCN0550.JPG

DSCN0552.JPG

蓋には、鍵が掛かるようになっています。


DSCN0556.JPG

お部屋内の分電盤から建物外壁面を貫通して配管施工いたしました。



電気自動車のご購入のお客様!

充電コンセントの工事もあわせてご検討ください
現地へお見積りにお伺いさせていただきます。


神戸市須磨区 引き込みポール修繕工事

  • 更新日:
  • 電気工事
神戸市須磨区にて、引き込みポール修繕工事が完了しました。

20170605_090205.jpg

ポールの根元が腐食して、完全にポールが倒壊しています。
樹木になんとか支えられ、完全倒壊をかろうじて免れています。
樹木が無ければ、完全に倒壊をして、送電線が切れていた可能性があります。

20170605_174236.jpg

新しいポールを立て直しました。

20170605_174234.jpg

ポールの中に、電線が入線可能な、スッキリポールです。

20170605_174223.jpg

ポールに土が触れていると、腐食が早くなりますので、少しでも腐食が遅くなるように、ポールの根元をコンクリートで固めます。

神戸市北区 マンション 照明配置変更工事


本日は、個人住宅にてマンションのリビング・ダイニング・キッチンの照明器具の位置変更と、古い照明器具のLED化を行いました。

施工前は一般的な、ダイニングテーブル上に1灯、リビングに1灯でしたが、暗いのと実際の家具との配置が合わない為、全ての照明の位置を変更しました。

20170412_140852.jpg

壁紙の張替え中です。

今回、リビング・ダイニングの全ての照明器具の位置変更の為、天井に穴を開け直す必要があり、もちろん配線もやり替える必要がある為、天井に穴をあける必要があります。
照明の配線工事後に古い明器具の穴や、配線工事の際に開口した穴を補充する必要がある為、壁紙を張り替えます。
壁紙を張り替えるときれいな天井に戻ります。
通常は、天井の張替えのみで元に戻りますが、今回は、部屋全体の壁紙も古くなっていた為、天井と壁の両方を張替えしました。

20170412_140908.jpg

ダウンライト照明用の穴です。

20170413_164833.jpg

せっかく壁紙を張り替えるので、エアコンを取り外し、背面部もきれいに張り替えます。

20170414_144030.jpg

以前は、シーリング照明でしたが、ダウンライトに変更しました。
天井に埋め込まれている為、スッキリした仕上がりになりました。

20170414_144033.jpg

ダイニングテーブル上は、家具の配置が変更があっても対応できるように、レール型を取付です。

20170414_143950.jpg

キッチン照明もLED化です。

20170414_143944.jpg

用途に応じて、細かく切り分けが出来るようにスイッチも増やしています。

映画などを見る時は、薄暗くできるように調光器を設置しています。

壁紙張替えと電気工事が弊社で一括で対応が可能です。
その他の水道・ガス設備なども施工が可能です。

一般的なリフォーム店等は、中間マージンで成り立っていますが、弊社は、電気工事店の為、壁紙張替えで利益が無くても電気工事を行うため、中間マージンを必要としません。
電気工事と同時に施工する事で、時間と費用の節約になります。






神戸市中央区 ドアホン(電気錠連動)取替工事

神戸市中央区にてドアホン取替工事です。

DSCN3390.JPG

現在、建物2階と3階にモニターが設置されています。
このモニターより、電気錠を解除しています。

今回も同様にドアホンで電気錠の解除を行います。

DSCN3395.JPG

取替をしたドアホンです。
モニターが大きくなり見えやすくなりました。
こちらの機器からも電気錠がコントロールできます。

DSCN3398.JPG

こちらは2階に設置されている親機です。
もちろんこちらからも電気錠のONとOFFが可能です。

DSCN3406.JPG

今回設置したドアホンは、無線子機が対応可能です。
この無線子機からも電気錠がコントロール可能ですので、持ち歩いていればどこからでも応答が可能です。
どの機器からでも電気錠の施錠と解錠が可能です。

DSCN3391.JPG

取替前の玄関子機です。

DSCN3392.JPG

取替後の玄関子機です。

以前に比べ、とてもスタイリッシュになりました。

DSCN3394.JPG

大きさも以前の子機に比べ、大きくなりました。

明石市 歯科医院【LED照明交換工事】

  • 更新日:
  • 照明, 電気工事
明石市の歯科医院にて、照明器具の取替工事です。
点灯しなくなった照明や、新しい電球に交換しても暗い照明器具など、経年劣化に伴いLED照明に取替です。

照明器具が、古くなってくると点灯しなくなる多くの原因は、器具の中にある安定器の故障が原因です。
新しいランプに交換しても暗い感じがするのは、カバーのアクリル部の劣化や安定器の劣化が考えれます。
照明器具の寿命は、10年から15年と言われています。
最近では、LED化が進んでいますので、古い照明器具の修理も部品調達が困難になり、難しくなっています。

電気代などを考えると、LED照明に取替がお勧めです。

DSCN3473.JPG

ダウンライト照明です。

DSCN3471.JPG

埋込の角型照明です。

LED照明のランプ部は、平らでスッキリしたデザインになっています。

DSCN3463.JPG

DSCN3465.JPG

DSCN3464.JPG

点灯確認を行い、作業完了です。



東灘区 【マンション】共用灯タイマー交換

  • 更新日:
  • 電気工事
客様よりマンションの照明が点かないとのことで調査に伺いました。

6.JPG

器具の接触が悪い部分がありました。
(すぐに直りました。)


灯具の点灯試験のため 共用の電気盤を見ますと
タイマースイッチから異音がします。


1.JPG

2.JPG

クオーツ式のタイマスイッチですが、通常ですと 耳すませば
"カチ カチ"程度の音ですが、
かなりガリガリと音がしていました。

3.JPG

お客様が手持ちのタイマーをお持ちでしたので、交換させていただきました。

配線が間違わないように順序良く配線していきます。

4.JPG

新しいタイマスイッチが大きかったので
盤のレイアウトを変更しました。

5.JPG

現在時刻と入り切りの時間を合わせて作業完了です。

9.JPG

照明器具も無事に点灯しました。

芦屋市 駐車場看板LED工事

  • 更新日:
  • 照明, 電気工事
駐車場に設置されているパーキング看板を蛍光灯からLEDに変更です。

20170118_155606.jpg

取替前の蛍光灯照明です。

20170118_174617.jpg

取替後のLEDランプです。

20170118_174601.jpg

20170118_181328.jpg

点灯確認を行い完了です。

神戸市西区 LED新設工事

  • 更新日:
  • 照明, 電気工事
神戸市西区にてLED照明の新設工事です。

20170516_153745.jpg

20170516_153740.jpg

天井が高く、そのまま天井に設置をすると、光があまり届かない為、天井から2m程度下げています。
長く吊り下げると、器具が横振れをして、風などが吹いた場合に落下する危険があります。
左右前後と6方向から横振れしないように金具でしっかり固定しています。

20170516_153733.jpg

手元をしっかり照らしたい場所は、吊り下げて、その他の全体を照す照明はそのままの高さで設置しています。

20170516_153815.jpg

こちらもそのままの高さでの設置です。

神戸市西区 放送設備更新工事

神戸市西区にて、放送設備の工事です。
既設放送設備のスピーカーの数が少なく、音が聞こえない場所や、故障しているスピーカーがある為、取替と増設の工事を行いました。
DSCN0059.JPG

角型の天井埋め込みスピーカーです。

現在、角型のスピーカーのラインナップが少なく、丸型に変更です。

DSCN0062.JPG

スピーカーを取り外すと、天井に四角の大きな穴が開くため、天井を張り替えて、新しく丸型に開けなおしです。

DSCN0068.JPG

張替えをして、丸い穴をあけます。

DSCN0063.JPG

スピーカーを取付て完成です。

DSCN0095.JPG

こちらも天井張替えです。
どうしても古い天井と色が若干違います。

DSCN0120.JPG

ラッパ型の大型スピーカーの取替です。

DSCN0126.JPG

こちらは古いスピーカーの配置を変更です。
同一フロアーに、スピーカーを1台追加した為、音の聞こえ方が変わるので、移設をしています。

DSCN0093.JPG

故障しているスピーカーは、そのまま取替です。

IMG_2509.JPG

今回は、既設のアンプや本体、スピーカー等、利用可能なものはそのまま再利用しています。
一番上に設置してある機器を、増設しています。
置した機器は、容量オーバーを防ぐためのスイッチャー機器です。
スピーカーで、音を鳴らすためには、アンプが必要になります。
アンプにも容量が決まっている為、適当に接続をする事が出来ないので、事前に接続されているスピーカーの数や、容量を調査し、調整をしています。



このページの上部へ