三田市にて、引込ポールの修繕工事例です。

DSCN4606.JPG

少しわかりにくいですが、ポールが引込配線に引っ張られ、斜めになっています。
当初は、もっと倒れていたそうですが、関西電力が、仮復旧で、反対側から仮設で引っ張ってくれている為、あまり倒れていないように見えます。

DSCN4609.JPG

ポールの根元が腐食をして、倒壊の恐れがあります。

DSCN4822.JPG

工事後です。
以前は、ポールの中に配線が通っていたスッキリポールでしたが、修繕費用を抑える為、配線は、ポールに配管を沿わして、露出での施行です。
メーターや、ブレーカーが収納してあるBOXも鉄製から塩ビ製に変更です。

DSCN4820.JPG

施工後です。
根元が腐食しにくいように、コンクリートで固めています。

DSCN4816.JPG

真直ぐに戻りました。