防犯カメラ工事にお伺いいたしました。

今回は、LANケーブルを使用した IPカメラを採用しています。


DSCN0866.JPG

録画機を箱から出しました。

DSCN0865.JPG

記録媒体のハードディスクです。
カメラの台数と録画容量を加味して4TBを2基搭載します。

DSCN0875.JPG

DSCN0873.JPG

直径12cmほどのドームカメラですが、録画機側で映像を見ながら
旋回やズーム等操作できる PTZカメラを設置いたしました。
マイク搭載で録音もできます。

DSCN0885.JPG

DSCN0886.JPG

園庭には、ポールを建てて屋外型のカメラを取付け致しました。
カメラは、外周から建物に向けて撮影しているので、
園庭と建物の出入りが確認できるようになっています。

DSCN0892.JPG

敷地内に死角が無いようにカメラの配置を考慮し配線作業をしていきます。

DSCN0897.JPG

建物の構造上、階段周りは配管を敷設して最寄りの場所まで配線しました。

DSCN0898.JPG

見た目をきにしながら配管しました。

DSCN0901.JPG

DSCN0900.JPG

DSCN0920.JPG

階段の上下に分けてカメラを取り付けています。

DSCN0879.JPG

設置場所に応じてカメラの種類を選定しました。

DSCN0916.JPG

玄関ホールには、ドームカメラを採用いたしました。


DSCN0877.JPG

DSCN0867.JPG

カメラの配線距離や設置場所を考慮して途中、HUB(ハブ)を設けます。

IPカメラの利点は、HUBを設けることによって録画機にカメラの台数分の配線を
運ぶ必要がないため、録画機周りがスッキリする事と配線が簡略化できるところです。


お客様の建物や設置状況を詳しくヒヤリングして設置方法や設置場所を設計させていただきます。


カメラのことは、是非とも神戸電気サービスへご用命くださいませ。