明石市の歯科医院にて、照明器具の取替工事です。
点灯しなくなった照明や、新しい電球に交換しても暗い照明器具など、経年劣化に伴いLED照明に取替です。

照明器具が、古くなってくると点灯しなくなる多くの原因は、器具の中にある安定器の故障が原因です。
新しいランプに交換しても暗い感じがするのは、カバーのアクリル部の劣化や安定器の劣化が考えれます。
照明器具の寿命は、10年から15年と言われています。
最近では、LED化が進んでいますので、古い照明器具の修理も部品調達が困難になり、難しくなっています。

電気代などを考えると、LED照明に取替がお勧めです。

DSCN3473.JPG

ダウンライト照明です。

DSCN3471.JPG

埋込の角型照明です。

LED照明のランプ部は、平らでスッキリしたデザインになっています。

DSCN3463.JPG

DSCN3465.JPG

DSCN3464.JPG

点灯確認を行い、作業完了です。