神戸市西区にて、放送設備の工事です。
既設放送設備のスピーカーの数が少なく、音が聞こえない場所や、故障しているスピーカーがある為、取替と増設の工事を行いました。
DSCN0059.JPG

角型の天井埋め込みスピーカーです。

現在、角型のスピーカーのラインナップが少なく、丸型に変更です。

DSCN0062.JPG

スピーカーを取り外すと、天井に四角の大きな穴が開くため、天井を張り替えて、新しく丸型に開けなおしです。

DSCN0068.JPG

張替えをして、丸い穴をあけます。

DSCN0063.JPG

スピーカーを取付て完成です。

DSCN0095.JPG

こちらも天井張替えです。
どうしても古い天井と色が若干違います。

DSCN0120.JPG

ラッパ型の大型スピーカーの取替です。

DSCN0126.JPG

こちらは古いスピーカーの配置を変更です。
同一フロアーに、スピーカーを1台追加した為、音の聞こえ方が変わるので、移設をしています。

DSCN0093.JPG

故障しているスピーカーは、そのまま取替です。

IMG_2509.JPG

今回は、既設のアンプや本体、スピーカー等、利用可能なものはそのまま再利用しています。
一番上に設置してある機器を、増設しています。
置した機器は、容量オーバーを防ぐためのスイッチャー機器です。
スピーカーで、音を鳴らすためには、アンプが必要になります。
アンプにも容量が決まっている為、適当に接続をする事が出来ないので、事前に接続されているスピーカーの数や、容量を調査し、調整をしています。