神戸市北区にてLED照明工事です。

現在、埋込の蛍光灯照明が設置されています。
器具も年数的にはさほど古くない為、既設器具を使用し、蛍光管部をLEDに変更しました。

机の配置変更により、1台に2本の管が付いていますが、明るさが必要なくなれば1本減らすなどの調整も可能になります。

器具交換をするよりも、器具本体はそのまま再利用する為、費用は安くなる場合がありますが、デメリットもあります。
あまり古い器具を再利用すると、管を支えているソケット部の破損や劣化がある場合、管の落下事故などが発生する危険があります。
器具一体型のLED照明も普及しつつあるため、価格も昔に比べると、安価になっています。
場合によっては、器具交換をするほうが安くなる場合もあります。

DSCN3221.JPG

施工前。

DSCN3230.JPG

施工中です。

器具の中にある、安定器を撤去します。
安定器を撤去せずにそのまま利用できるLED商品もありますが、安定器を取り外す事で、より消費電力を抑えることが出来ます。


IMG_2234.JPG

施工後。
LED管に変更です。
見た目は、施工前の蛍光管と同じです。
明るさもほぼ変わりません。