西宮市にて街頭防犯カメラ工事です。
街頭防犯カメラは、ポールを建てたり、建物に取り付けたりして、道路などを撮影していますが、どうじても設置が困難な場合、関西電力の電柱に取付を行う場合があります。
関西電力に申請手続きを行い、関西電力に費用を支払い、電柱を利用させてもらいます。
20170304_160401(0)0.jpg

カメラを収納しているBOX内にブレーカーやコンセントが収納されています。

20170304_160435.jpg

横からの様子。

カメラの背面にランプがついています。
このカメラは、街頭防犯用に設計されています。
下からカメラを見上げるだけで、動作確認が出来るようになっています。

カメラ本体にSDカードを挿入し、録画を行います。
バックアップが必要な場合は、SDカードを抜き取り、保存を行います。

また、オプションでWifiを搭載する事で、PCをカメラの下部にもて行くだけで、通信が出来るように仕様の変更をすることも可能です。