電気容量の増設工事を行いました。

ご家庭の電化製品を増やしたいのですが分電盤に空きがないのと
全体的な容量がすくないため今回は、電気容量も増やします。

DSCN0546.JPG

写真左の白いもの(ナイフスイッチ)は、容量30Aです。


昨今の分電盤は、過電流になるとブレーカーが落ちても
スイッチを入れなおせば復旧しますが、ナイフスイッチは、
ヒューズが溶断する構造のため予備のヒューズがないとすぐに
電気が使えませんし、ヒューズを交換する作業が必要ですので
お家の方が簡単にできません
(電気工事士の免許がないと作業はできませんし、たいへん危険です。)

先輩電気屋さん達は、分電盤から手組みされていたんですね(脱帽)




DSCN0758.JPG

DSCN0979.JPG

DSCN0971.JPG

こちらのお家は、電柱からいったん引込ポールで受けてさらに
建物へ架空配線されておりますので、お家から引込ポールに設置
されているメーターまで送電線を太いものに交換いたします。

メーター盤の中にあるナイフスイッチも新しいものに交換です。

DSCN0970.JPG

DSCN0984.JPG

新たに隣側へ分電盤を取付けいたしました。
容量60Aに増設です。

DSCN0986.JPG

エアコン用のコンセントも増設いたしました。


電気容量増設工事は、電柱からの送電線も太いものに取替え必要です。
弊社から電力会社に申請手続きをいたします。

私たちが工事した後に、関西電力さんが工事に伺います。